賃貸物件の探し方が変わっている!?知っている人は不動産屋に行かない

インターネット検索である程度相場を掴める

駅前の不動産屋へ出向いて、豊富な物件量から自由に選べると考える人は減少しています。なぜなら、賃貸情報サイトを利用してある程度地域の相場を把握出来るようになったからです。しかし、ネット掲載されている部屋は不人気物件が多く、優良物件と呼ばれている空室が出てもすぐに埋まってしまう部屋はもっと条件が良いことで知られています。昔ながらの地元の不動産屋のみが紹介出来るシステムとなっていることが多く、駅前の不動産屋では案内出来ない専任媒介契約を結んでいることも珍しくありません。

賃貸エージェントを活用しよう

ネット掲載されている不人気物件には、条件交渉が出来ればふつう物件程度になる部屋があります。先付けを専門とする賃貸エージェントを最初から依頼すれば、条件交渉を含めた総合的な部屋探しを行なえます。ネット非公開物件であっても、不動産屋間で相互接続しているネットワークには物件情報が掲載されているので、その中から条件に合った部屋をピックアップしてもらえます。賃貸エージェントは成約しなければ無報酬となるので、真剣に探して元付け不動産屋に対しても同じ不動産屋同士の関係から交渉をしっかり行ってもらえて便利です。

大家との直接契約が人気の理由

不動産屋と保証会社の密接な関係が増すに連れて、保証会社による追い出し行為が社会問題化しています。大家と保証会社共に新規入居者が発生した時に大きな利益を得られるので、部屋の更新をされるよりも入居者の入れ替えを行った方が利益が出るからです。大家は毎回入居者探しのために広告料名目で先付け不動産屋に対して渡している現状があり、大家が経費をあまり掛けずに入居者を直接募集する動きが出ています。仲介者が不要となるので、大家と直接賃貸契約出来ることは、大家は広告料を削減出来て入居者は仲介手数料不要というメリットかあるわけです。

琴似の賃貸を探す場合、物件情報をチェックするだけでなく、内覧を通して実際の様子もチェックすることで、より良い物件を見つけられます。