全部で3点!マンション経営特有のメリットをご紹介

リスクの少なさが魅力です

世の中には株式投資やファンド出資など多くの資産運用方法がありますが、このなかでも特にリスクが少ないことで知られているのがマンション経営です。アパートや一戸建て経営に比べて戸数が多いため空室リスクが寡少です。銀行の有利な低金利ローンを受けやすいこともマンション経営ならではの魅力。手持ち資金が少なくとも、最小限のリスクで手堅い利回りを得られます。

勿論、立地選定などのマーケティングは必要不可欠ですが、都内であればまだまだ人口流入が続くため安心です。

インフレ耐性が抜群です

マンション経営のもうひとつのメリットは、インフレに強いことです。近年の日本は異次元緩和によるインフレリスクに常に晒されているのが実状です。しかしマンションは実物資産ですから、たとえ円の価値が暴落してもほとんど影響がないんですよ。インフレが進んだ分だけマンションの時価も上がりますし、家賃も相応の額にすれば良いだけです。時勢を考えると、現金を超低金利で銀行に預けている方がリスキーかも知れません。

年金や生命保険にもなります

バブル期における不動産投資は、売買差益を狙った投機的なものがほとんどでした。ですが現在のマンション経営は、家賃収入による安定収入を見込んだ手堅い投資となっています。家賃相場は景気にあまり左右されませんから、ある程度の入室率さえ確保すれば年金のように毎年安定した収入が約束されるんですよ。

生命保険がわりになることも、マンション経営特有のメリットです。ローン購入時に加入する保険のおかげで、万が一の際はローン残高が免除され遺族の生活が保障されます。

トラストインベストメントを利用して投資活動を始めることで、様々なリスクに備えることができ、投資先を選ぶ手間を省けます。